世の中は平等でも公平でもない、しかしチャンスは平等、掴めるか?占い東京

占い東京 霊視東京

TEL 090-8805-8765 

お問合せは上記からお電話ください。 六本木ミッドタウン傍です。

結婚をする年齢が年々上がっています。 平成28年の調査では、男女共に平均初婚年齢が30歳前後となっています。

それには様々な社会的・個人的事情もあるようです。 様々な未婚理由のうち、「結婚して家庭を築く経済的余裕ができたら」と回答されることが多いです。

男性では、家族を養うほどの収入がないことがあげられ、女性はパートナーの収入と自分の収入とあわせても家庭を築き、子育てをするには不安が残るとの回答が出ています。

どちらも、結婚をしたくないわけではなく、安定した家庭を…と考えると、現在や今後の収入予測では結婚生活が成り立たないということでしょう。

また、「異性と出会うチャンスが乏しい」ということも挙げられます。 ・同姓だけの職場 ・周囲に適齢期の異性がいない職場や地域 という方は、結婚を考えることができない場合も多いのでしょう。

その中で、男性と女性では「出会いから結婚」への意識の差があるようです。

男性は職場以外でなかなか出会うチャンスがなく、「出会いの場」自体がなく、結婚を考えることができないのではないかと考えられています。

女性は出会いのチャンスはいくつかあるけれども、「この人と結婚したい」「自分の結婚の条件に合う」人には出会うことができないようなのです。

男性も女性も結婚したい「けれども」、という点ですれ違っているように思えます。

「条件」や「プロフィール」が開示された上で出会ったとしても、この「けれども」はなかなか解消されず、結婚に結び付かない可能性があります。 「経済的な余裕がない」「出会えない」から結婚できないのではなく、出会った相手だけでなく、自分自身ともコミュニケーションがとれていないのではないでしょうか。

相手の足りない部分にばかり目がいってしまい、「自分も何かできること」があるのを忘れてしまいます。 自分自身を幸せにするために何が足りなくて、必要か 相手にしてあげられる、自分の強みは何か 結婚生活はパートナーとふたりでつくりあげていくものです。

相手ができないことを自分が補完できる、その逆もあることでしょう。 結婚したい!と思った時ほど、「自分自身のできること」「相手が持っていなくても大丈夫なこと」を知る必要があります。そして、結婚にむけて多くのコミュニケーションや提案をお互いにしてくことをおすすめします。

現在、結婚に向けた出会いの場はたくさんもうけられています。チャンスを活かすことができるのは、「自分自身」をよく知ることなのではないでしょうか。 結婚を控えた人や結婚したばかりの人がおちいる事のあるマリッジブルー。

女性がなるイメージが強いですが、男性だってなるのです。 マリッジブルーは、結婚が決まった後に「これから」の変化や責任などに対する不安や不満が強くなりすぎた結果現れる、気持ちや体の不調です。

酷い場合はうつ状態などとなり、最悪の場合は結婚の約束までしたのに破局となってしまうケースも少なからずあります。 挙式披露宴や新生活への準備など、結婚することに伴うやることの多さで一時的にイライラするのならば、結婚準備を乗り切れば大丈夫になる可能性も高そうです。

・自分ばかり結婚式などの準備をしている

・親元を離れるのが心細い ・義父母や親戚と上手くやっていけるのか不安

・経済的に支えていけるのか不安 などなどが、

マリッジブルーの要素として考えられます。 これらの不安や不満は、一人で抱え込まずにパートナーや家族、友人、知人などに相談して吐き出してしまうことも必要です。

必要な場合は、手助けもしてもらえるでしょう。 また、結婚自体や結婚相手に対して不安や不満を感じてしまうケースもあります。

こちらの悩みは、婚約までしている場合、簡単に家族や友人、知人に相談できずに一人で悩みや不満を貯め込んでしまいがち。

でも、辛くて苦しすぎるから結婚を取りやめてしまえば、苦しみから逃れられるのか? というと必ずしもそうではありません。 パートナーと別れたあとに、別れてしまったことに対する後悔が残り、先にすすめなくなってしまうことも多々あるのです。 結婚の約束あるいは結婚をしたのに破局を選ぶということは、相手と相手の家族を酷く傷つけ、信頼を失うことになります。

場合によっては自分の家族や友人などからも信頼を失ってしまうことも。 のちのち「やっぱり好きだからやり直したい」と思ったとしても、相手にとっては二度と会いたくない人となってしまっている場合がほとんどです。

マリッジブルーで、「自分はこの人と結婚していいのだろうか?」 などと考えすぎてしまい、辛くて仕方がなくなってしまった時こそ、誰かに話を聞いてもらい心に寄り添ってもらうことを忘れてはいけません。

場合によっては、第三者に聞いてもらうことも選択肢に入れましょう。 もちろん理想は結婚してこれから人生を共に歩んでいくパートナーと話し合えることです。

長い結婚生活で、マリッジブルー以外にも落ち込んだり辛くなったりすることは必ず出てきます。その時にお互いに話して気持ちを伝え、話を聞いて心に寄り添うことができれば素晴らしい事ですから。  

 

カテゴリー: 人生占い-東京, 占いはリスクヘッジ東京六本木 | タグ: | コメントする

結婚式に参加しながら考えること・・・結婚相談六本木

占い東京 霊視東京

TEL 090-8805-8765 

お問合せは上記からお電話ください。 六本木ミッドタウン傍です。

憧れとして結婚を意識するのは子ども時代ですが、実際に自分の人生として結婚を意識するのはいつでしょうか。

一番多いのは、周りの同年代の友人や知人が結婚する時ではないでしょうか。いわゆる結婚ラッシュとして、自分の周りで結婚する人が続くと自分の結婚について考えるようなることが多いようです。

また、お付き合いをしている人がいて、結婚適齢期を迎え、かつ、お付き合いしている人とこのまま一緒に過ごしていきたいと感じる時も結婚を意識するのではないでしょうか。

そして、実感としては弱いかも知れませんが、卒業して社会に出るにあたって就職活動をするとき。

特に女性は、結婚後や出産後に仕事を続けたいのかどうかを考えて職種や職場を選ぶ必要があります。就職活動時と実際に結婚や出産を迎えた時では、考え方も変わっている可能性はありますが、生涯仕事を続けたいのか?結婚や出産を機に家庭に入るのか?一旦家庭に入っても、また職場復帰したいのか?の自分の将来像を含めて職場を選ぶことは、大切なポイントとなっています。

男性だって、結婚後、特に妻の出産後は、家事や育児の分担をしやすい職場を選びたいという考えの人も増えてきていますよね。中には「専業主夫」となる人もいます。

結婚後も仕事を続けたいのならば、既婚女性の多く活躍している職場に注目するのが良いでしょう。出産後に仕事を続けたい場合も同様です。

就職活動の際、会社の育休などの制度をチェックするかと思いますが、制度があるだけで実際には活用されていないケースもあります。

すでに既婚者が多く出産育児に関する制度の利用実績がしっかりとある職場ならば、結婚・出産後も制度を活用して仕事を続けて行きやすい可能性が高いです。

制度があっても利用したいと申請をすると圧力をかけて退職に追いやるというブラックな会社も残念ながらないとは言えません。

結婚したら、家庭に入るべきという昔ながらの考えを捨てきれない経営者や管理職もまだいるのが実情です。

また、これまでにほとんど制度を利用した人がいないと場合は、周りも戸惑い、誤解が起きたり、理解してくれる人が少なかったりして、気持ち的に制度を利用し難いケースもあります。

自分がパイオニアとなって実績を作る気持ちの強さがあればいいのですが、そうではないのなら子育て中の先輩がたくさん活躍している職場を見つけましょう。

また、女性の先輩だけでなく男性社員も育休などを率先して取得している職場ならば、さらに結婚後も子育てをしながら働きやすい職場の可能性が高いと思われます。

 

カテゴリー: 人生占い-東京, 占いはリスクヘッジ東京六本木 | タグ: | コメントする